在宅介護の父親や母親のインフルエンザ対策でおすすめは?動けないから予防接種に行けない?

 

スポンサーリンク

 

 

私が勤務している、特別養護老人ホーム等の介護施設では、10月以降インフルエンザやノロウイルスなどの流行集団感染を防ぐ為に、設備やマニュアルを整え、最低限の知識を持った介護職員さん達が看護師さんたちと一緒に怖い感染症を防ぐ努力をしています。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9

でも、

自宅でおじいちゃん、おばあちゃん、父親、母親を介護をしている、

「在宅介護」では、どう感染を予防できるのでしょうか?

 

高齢者だけでなく、

私たち介護する側のインフルエンザ予防対策でもあります!!

 

インフルエンザをしっかり理解しましょう!!

 

高齢になるとインフルエンザがとても怖い・・・その理由とは?

 

秋になり、これから空気が乾燥する季節。

インフルエンザウイルスやノロウイルスが流行し猛威を振るう怖い季節です!

(特に、12月、1月、2月が注意が必要です)

 

11月から~3月にかけて高齢の家族が特に注意したい感染症は、

インフルエンザ!

 

新型インフルエンザ・A型インフルエンザ・B型インフルエンザやC型もありますが、主な感染経路は殆ど同じです!

 

カラダの抵抗力が、

若者より大分低下している70歳以降のおじいちゃん、おばあちゃんがインフルエンザに感染すると、

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e7%9c%8b%e7%97%85

最悪の場合、命に関わる・・・

「死」に至ってしまう場合があるので、

 

本当に!本当に!注意が必要!!

 

 

◆インフルエンザで高齢者が重体になる理由

 

高齢者がインフルエンザに罹っても、

軽い人もいれば命に関わるような重症になる人がいます。

 

お年寄りで特に注意が必要な人は、

持病を持っている人!

◆特に注意が必要な持病(基礎疾患)は?

 

  • 喘息(慢性呼吸器疾患)
  • 糖尿病「代謝性疾患)
  • 心臓病(慢性心不全など)
  • 腎臓病(腎機能障害)
  • その他病気に等により体力・抵抗力が著しく低下している人

持病を持っていなかったとしても、

 

体力がない高齢者=抵抗力が弱い!

インフルエンザに感染しやすくなる!!

 

体力のない高齢者がインフルエンザになってしまうと、

肺炎や脳炎などあらゆる合併症を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

高齢者にとって命に関わる病気、

「インフルエンザ!」

 

家族で協力し合って予防しましょう!

 

もちろん、若い人でも注意が必要です!

疲れていたり睡眠不足、食事がしっかり摂れていなかったりすれば、インフルエンザに感染しやすくなり、重症化しやすくなってしまいますので注意してください!

 

ラジオ体操の健康効果が実はかなりすごいんです!

介護者するあなたがインフルエンザへ掛かってしまっては大変ですよ!

抵抗力を保つためにも、ホントにおススメ!!

↓     ↓     ↓

%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e4%bd%93%e6%93%8d%e7%ac%ac%e4%b8%80

参考:ラジオ体操第一で認知症発症予防できる理由は?短時間で効率の良いボケ防止の為の有酸素運動とは?

在宅介護でのインフルエンザ感染予防!カンタン基礎知識とは?

 

在宅で介護をしているご家族も、

しっかりとした感染経路や潜伏期間などの知識を知っておく必要があります!

 

 

インフルエンザ潜伏期間→24時間~48時間

→感染してから発症するまでの期間です。

最近では、変異したウイルスが7日間の潜伏期間を経て発症というケースがありました!

 

2015年~2016年シーズン中、

B型インフルエンザの潜伏期間が4~7日以上あった人がいました!なので、確かな情報ではないですね!

 

・インフルエンザウイルスの特徴

お部屋の環境(温度・湿度)によって変化します!

高温多湿に弱い(25度以上・湿度60&以上)

 

・インフルエンザウイルスの感染経路は?

  • 接触感染
  • 飛沫感染

◆具体的な感染経路は?

・接触感染・・・くしゃみや咳を感染者が手で押さえた際、そのウイルスの付着した手で何かに触れば!その部分が感染源場所になる!

(例:ドアノブ・電車のつり革や手摺り、切符売り場など)

・飛沫感染・・・くしゃみや咳は約2メートル飛沫します直接吸い込んだり、床に落ちたウイルスが乾燥してほこり等と一緒に舞い上がり吸い込んでしまう等→マスクは必須アイテム

※咳エチケットマナー十分注意しましょう!

 

なんだかんだ言っても、

インフルエンザを予防する最低限で一番の方法は?

 

  • 手洗い!
  • うがい!
  • マスク着用!
  • 加湿!

なのです!

%e6%89%8b%e6%b4%97%e3%81%84%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%ef%bc%89

高齢になると、認知症等の病気や体力低下等が原因で、

自分で手洗いやうがいが出来なくなってしまいます。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%86%e3%81%8c%e3%81%84

認知症の方は、肝心なマスクを取ってしまったりしてしまいます。

 

なので・・・

うがいや手洗いが難しいお年寄りがいる家庭での予防法がこちらの10の方法!

 

【在宅介護】家庭でもできる!インフルエンザを予防する10の方法!

スポンサーリンク

 

1.加湿器で湿度を60%以上に上げる!
→加湿機能付き空気清浄器(プラズマクラスターなどの除菌効果付が効果あり!)

 

2.床やじゅうたん、畳等を消毒スプレーする!
→市販のインフルエンザ除菌スプレーを床に噴射し埃と一緒にふき取る!

 

3.除菌タオルやスプレーで手を消毒する!
→アルコールだけでは除菌はできません!「ウイルス除菌!(次亜塩素酸)」と記載されているものだけを購入してください!
 最近は直接肌や口に触れても大丈夫な、インフルエンザ除菌に特化したスプレーが販売されています!
 「アルボナース」等の速乾性スプレーも効果あります!

 

4.トイレのドアノブや手摺を消毒する!
→ドラッグストアやamazon&楽天などで「ウイルス除菌スプレー」と探すか検索をしてください。

 

5.空間除菌スプレーを適度にしようする!
「ウイルス」が除菌できるスプレーを使用してください!

6.しっかりとした口腔ケアが大切!
お口の中はバイキンだらけ・・・私たちはうがいが出来ますが重度の認知症や起きることが出来なくなるとうがいが出来なくなってしまいます!口腔ケア専用のペーパーなどで清潔にしてください!

 

7.必ず適度に空気を入れ替え換気する!

これも忘れられがちなのですが、本当に大事!!換気で新鮮できれいな空気を入れることが特に重要です!気分転換にもなりますので、1日に最低でも2~3度は必ず換気するように心がけてください!

 

8.インフルエンザ予防ワクチン注射を接種する!

予防注射は受けたほうが絶対に良いです!!65歳以上の高齢者は各地方自治体のホームページを見てください。

各自治体によって異なりますが平均自己負担額1500円~2500円位で接種が出来ます!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%b3%a8%e5%b0%84

抵抗力が身に付くまで2週間以上かかるので、

流行ピークの11月中には、インフルエンザ予防注射を受けておきたいですね!

 

高齢者インフルエンザの予防注射についてはこちら!!

↓   ↓   ↓

※65歳以上の高齢者の方は、住んでいる地域によって金額が違ったりします!

寝たきりで動けない場合は、往診の予防注射も医療機関によっては対応してもらえます!

注射以外の予防薬も紹介していますので、こちらの記事を参考にしてみてください!!

↓    ↓    ↓

参考:在宅介護高齢者のインフルエンザ予防注射の効果は?かかる費用と補助金はどの位?

9.バランスの良い食事を摂る!

冬が旬のみかんやリンゴ!あったかい鍋で多くの食品を食べて抵抗力を身に付けてもらいましょう!旬の食べ物をバランスよく食べることは、予防薬になります!

%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%8a%e8%8c%b6%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%ef%bc%89

 

認知症やガン、心臓病や脳梗塞などの

怖い病気を予防する為の凄い食材ベスト10!!

↓    ↓    ↓

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s

参考:認知症発症予防!ボケ防止に良い食事は?脳に絶対効果がある!厳選超絶食品ベスト10品目!

 

10.最後は家族(介護者)の予防知識!

家にインフルエンザウイルスを持って帰ってくるのは・・・?

そうです!介護者である「あなた」なのです!

そして、同居している家族のみんなが感染源になってしまうのです!

 

家族でできる事って?

 

この様な予防対策をしたからといって、

100%インフルエンザを防ぐことは無理です!

 

ですが、

この記事に書いてあったことを意識するだけで、感染率は下がるはずです!

 

◆「とっても大切な事」があります!

お家で一緒に暮らしている、

おじいちゃん、おばあちゃんがインフルエンザに罹らない為に何よりも大切な事!

 

それは、

  • 帰宅時に介護者であるあなたが手洗いうがいを確実に行う事!
  • 外では、マスクをしっかり着用すること!

家にインフルエンザウイルスを持ち込まない事が大切なのです。

どうしても、抵抗力の弱い高齢者の方々は感染しやすいです!

 

家族みんなの協力が必要なのです!

 

スポンサーリンク

 

 

在宅介護や介護の仕事でお悩みの方は【イイね!=Like Page】を押して最新情報をご覧ください!

 

 

    こちらの関連記事も役立つ情報が満載です!


    コメントを残す