父・母親のムセや咳込みは嚥下障害かも?原因と誤嚥性肺炎を予防する方法とは?

 

スポンサーリンク

 

最近うちのおじいちゃん、おばあちゃん、

ご飯食べてる時、「ゴホゴホすごいのよね・・・」

 

  • 硬くて大きい食べ物が噛み切れなくなってきた!

  • むせることが多くなってきた!

  • 咳き込んでいることが多くなってきた!

  • 口が渇いて口臭が強くなってきた!

  • 唾液が口から垂れていることが多くなった・・・

 

こんな食事のトラブル、多くなってきてはいませんか?

 

この様な食事に関わるのトラブルの事を、

「嚥下(えんげ)障害」と言います。

 

父親や母親が楽しい食事中に、

ムセや咳き込みがひどくなったら、かなり注意が必要です!!

 

嚥下(えんげ)ってそもそも何なの?原因は?

 

食べること・・・・

 

それは、

人間として絶対必須な行動であり、

 

「大きな楽しみ!」でもありますよね!

%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e4%bb%8b%e5%8a%a9%e3%80%80%e5%a7%bf%e5%8b%a2

ですが、

自然な事ですが人は老いていって体が衰えていくと、全身の筋肉量低下とともに、「嚥下する力」も徐々に低下していきます。

この筋力の低下が大きな原因の一つなのです。

 

  1. 口に食べ物を運ぶ
  2. 噛む砕く
  3. 飲み込む

正確にいうと、

上記の2・3の動作の事を嚥下と言います。

嚥下障害の原因をわかりやすく説明すると?

 

口の中に入れた食べ物を→噛む力(あごの筋肉)の低下
 咀嚼(そしゃく)力ともいいます!
※歯の状態もかなり大きく影響します。

 

食べ物を飲み込むときの→「ゴックン」する力が低下
※舌の動き→咽頭の動きが肺に食べ物を混入させない大事な役割を果たしています!

この一連の基本動作の事、

「よく噛んでゴックンする!」

 

これを「嚥下(えんげ)」と言うのです。

 

若くて健康な時は、

何でもない事が歳をとっていくと、

 

とっても大変な動作へと変わっていってしまうのです!

 

それが人の老衰です。

 

嚥下障害が起こるとどうなるの?

 

嚥下障害のリスクはとっても大きいです!

 

嚥下障害が起こると、

肺に食べ物が入って炎症を起こしてしまう!

 

それが、

お年寄りにとっても多い、

「誤嚥性肺炎」という病気です!

%e8%aa%a4%e5%9a%a5%e6%80%a7%e8%82%ba%e7%82%8e

嚥下する力が弱くなり・・・

 

しかも、

高齢により唾液量も少なくなっている状態のお口の中は雑菌だらけ・・・。

 

そんな雑菌が多く付着した食べ物が肺に入ってしまうと・・・

 

雑菌を含んだ食べ物+高齢による抵抗力の低下

 

が原因で、

誤嚥性肺炎を引き起こしてしまうのです!

 

 

高齢者の死亡原因の一つとして有名な誤嚥性肺炎とは?

再発が多く治療が難しい誤嚥性肺炎・・・

 

その防ぎ方はこちらの記事を参考にしてください!

↓    ↓    ↓

参考:誤嚥性肺炎を防ぐ為の正しい口腔ケアを家で行う為の方法とは?

 

嚥下障害の兆候ってどんな様子?

スポンサーリンク

 

食事中にこんな様子が見られ始めたら、

とっても注意が必要です!

 

・むせてしまう(咳き込む)事が増えた!

ムセは、飲み込んだ食べ物が気管に入ってしまうと反射的に出る咳です!私たちも時々はありますよね?気管への異物侵入を防ぐ人間の防御機能です。でも、よくむせる人は、舌の動きや咽頭周辺の動きが低下しているので、気管に食べ物が入りやすくなってしまっています!

なので、嚥下機能が低下していると判断できるのです!

 

・食後に痰がガラガラと絡むようになってきた・・・

嚥下機能の低下により、舌の動きをはじめとする、飲み込む力が低下し喉(のど)に食べ物が少量残っているような状態だと、食べ物を飲み込みやすくする為に防御反応で痰が出てきてガラガラするのです。

なので、

飲み込む力が低下すると、痰が出やすくなると言えます。

※若い人でもあまり噛まずに食べ物を飲み込むと、痰が出やすくなる傾向がありますのでよく噛んで食べましょう!

 

・唾液(よだれ)が垂れてしまう事が多くなった・・・

これは、口の動き(特にくちびる)が低下することが大きな原因です。会話でも言葉が聞き取りにくくなるのも、くちびるの動きが何らかの病気や老化により低下することによって起こります。
※小さい脳梗塞が原因で起こる事もありますので、受診をお勧めします!

また、睡眠を促す睡眠薬や、神経系の薬を常時飲んでいると、意識がもうろうとしてよだれが垂れてしまう事が増えます。

 

・食事のペースが遅くなってきた・・・

嚥下する力が低下すると、「モグモグ」する時間が長くなって、お口の中に「溜めこみ」をしたりする時間が長くなり、飲み込むまで時間が掛かる人がいます。

老化による味覚の低下も原因にあるのです。

 

・口臭が強くなってきた

高齢者の口臭が強くなる原因には以下の5つの原因があります。

  1. 加齢に要る唾液量の低下
  2. 歯槽膿漏による雑菌の大繁殖
  3. 入れ歯の不衛生
  4. 歯磨きやうがいなどの口腔ケアが不十分
  5. 加齢に要る内臓機能の低下など

この中で、私たちがしっかり手伝う事が出来ること?

それは、

  • 入れ歯の清潔を保つこと!
  • 歯磨きやうがいなどの口腔ケアを正しく行う事!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%86%e3%81%8c%e3%81%84

この2点です!

 

正しい口腔ケアが、嚥下機能の低下を防ぎ、とっても危険な、誤嚥性肺炎を防ぐ事に繋がっていくのです!

 

何より、

清潔なお口だからこそ!

「食べ物がおいしい!」と感じられるのです!

4b31f83de077bcd%e3%81%8a%e3%81%ab%e3%81%8e%e3%82%8a

誤嚥を予防する為に大事な事!

口腔ケア!!

口腔ケアの正しい介助の仕方や、介護施設などで利用しているおススメの便利な口腔ケア用品などはこちらの記事を参考にしてください!

↓   ↓   ↓

参考:うがいが自分で出来ない認知症の高齢者家族へのおススメ口腔ケア用品とは?

 

ですが、

最も大切なのは、

姿勢と口腔内の清潔の保持です!!

 

嚥下力が低下しても、楽しい食事を!

嚥下をサポートする工夫についてはこちらの記事を参考にしてください!

↓    ↓    ↓

参考:親のムセ込みがひどくて危険?家で行う食事介助と口腔ケア時の正しい姿勢と注意点は?

 

スポンサーリンク

 

 

在宅介護や介護の仕事でお悩みの方は【イイね!=Like Page】を押して最新情報をご覧ください!

 

 


One Response to “父・母親のムセや咳込みは嚥下障害かも?原因と誤嚥性肺炎を予防する方法とは?”

コメントを残す