認知症検査で病院に行かない!受診拒否の親に診察を受けてもらうオススメの説得方法とは?

 

 

スポンサーリンク

 

認知症は不治の病と言われていますが、

早期発見して、しっかりとした予防策を行えば、

 

 

認知症の進行を遅らせることが出来る!

 

 

なので!

親を上手に説明して、早く病院で診察を受けるべきなのです!!

 

 

%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e5%be%98%e5%be%8a

 

認知症の早期発見には、

早めの医療機関への受診→診断が絶対に必要です!

%e6%8b%92%e5%90%a6%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e5%8f%97%e8%a8%ba

 

そして!

家族であるあなたが、しっかり親の様子を観察することが必要なのです!

 

 

 

認知症早期発見は・・・

  • 認知症の進行を遅らせる!
  • 認知症を治すことが出来るかも!!
  • 病気を最小限のリスクにすることが出来る!

 

 

認知症初期に発見することで、

早く治療ができるんです!!

 

 

厚生労働省の「認知症研究班代表」を務める、日本の認知症研究の第一人者、朝田隆先生によると・・・

↓    ↓    ↓

認知症は初期に発見してそれにしかるべき対応をすれば、進行を遅らせることが出来ます!そればかりか20%を超える確率で、特に軽度認知障害の人ですが、正常に戻るという結果も出されています。

引用:TBSサタデープラス 朝田隆先生より

 

20%の人が!!

 

正常に戻れる可能性があるっ!!

 

 

 

絶対に早く受診するべきですよね!?

 

 

では、

認知症初期の軽度認知障害って?

 

 

軽度認知障害の人ってどんな症状なの?

↓    ↓    ↓

軽度認知障害(MCI)とは、記憶または他の思考に関する問題が、年齢や教育水準を考慮した正常の人より多くみられる状態のことですが、その症状はアルツハイマー型認知症の人ほど重くはありません。 MCIの高齢者は、MCIではない高齢者と比較して、より頻繁にアルツハイマー型認知症を発症します。

出典:軽度認知障害 – アルツハイマー病情報サイト

 

もし、

認知症と診断され、「介護認定」を受け、

 

要支援が認定されれば、

 

  • 介護予防施設の利用等
  • 処方薬(アリセプト等の進行を遅らせる薬)

 

この様に、

介護保険を使った予防サービスを受けることが出来るようになります!

 

もし受信して「認知症」って診断結果が出たらどうしよう!!

親が認知症かもしれない?

もしそうだったら?どんな手続きや段取りをすればいいんだろう?

↓    ↓    ↓

介護保険初心者向け解説!要介護・支援認定までの手順とは?申請方法から手続き全体の流れ!

 

受診に行きたがらない親に病院へ行ってもらう方法は?

 

 

こんなやり取りで、病院へ誘ったらどうなるでしょう?

 

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e9%9d%a2%e6%8e%a5

 

 

子「最近もの忘れ激しいから、認知症かもしれないよ!?」

子「一度病院行ってみようよ!?」

 

 

%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%a6%84%e6%83%b3%ef%bc%9f

 

親「何言ってんのっ!私はどこも大丈夫よ!」

親「病院なんか行くもんかっ!」

 

 

もしかしたら、本人は、最近ものわすれが多く、自分でも、

「本当は不安なのかもしれません・・・」

 

 

おじいちゃん
病院に行って本当に「認知症」だったらどうしよう・・・

 

こんな、強い不安の中にいるのかもしれません!

 

 

 

どうすれば親に認知症の病院へ行ってもらえるのか?

 

それは、

本人の意思で受診に行くと決めることです!

 

人にもよりますが、

単純な「老化によるもの忘れ」という可能性も十分にあります!

 

 

なので!!

本音を言うに限ります!」

 

 

  • 「もし認知症だったら、家族が大変なことになっちゃうよ・・・」

  • 「自分の為、私たち家族の為に受診して欲しい・・・」

  • 「早めに診断してもらい治療すれば、進行をかなり遅らせることもできるの!」

 

 

親はいつまでも子の幸せを想うもの・・・

 

 

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%82%92%e5%ae%b6%e6%97%8f

photo by : Aurimas Adomavicius

 

 

最初は強く拒否したとしても、

「必ず考えてくれているはず!!」

 

 

「健康診断だから行こうよ!」

 

等と嘘を言うよりも、

正直に「家族の為」と本音で向き合った方が、家族の絆を確認し合える、とてもいいきっかけになるのではないかと思うのです!

 

%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e3%82%92%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%81%a7%e5%90%91%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%86

 

 

※認知症が「すでにある程度進行?」してしまっているのかな?と思える親を病院へ連れて行きたい時は、

 

 

「今、定期健康診断やってるから念のため受けてこようよ!」

 

 

等と親のプライドを傷つけない嘘をついて受診したほうが良い時もあります。

 

病院への受診前に家族が行っておくべき事とは?

 

スポンサーリンク

 

 

いざ、受診できたとしても、

認知症の症状と考えられる普段の行動や様子をお医者さんに伝えなくてはなりません!

 

 

なので、

普段の親の行動や様子を記録(簡単なメモ)にして残しておくことが非常に大切です!

 

 

%e6%8e%92%e4%be%bf%e3%82%92%e8%a8%98%e9%8c%b2

 

 

そのメモ紙は、

受診前に先生に事前にお渡ししておくことで、親本人への配慮にもなり、診断がスムーズになるのです。

 

 

※認知症の予防、進行遅らせるのに効く!このサプリメントがすごいって知ってましたか?

↓    ↓    ↓

%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

認知症予防のサプリメントでおすすめはコエンザイムQ10?脳の若返りの理由や効果は?

 

どうしても親が病院に受診したがらない時は?

 

 

それでも、

「絶対に受診しない!」と言い続けるのなら、このような対応がおすすめです!

 

  • 地域包括支援センターにいる専門職に相談する
  • 認知症初期集中支援チームに相談する

 

 

◆認知症初期集中支援チームとは?

 

その名の通り、

認知症の早期発見や早い段階での認知症進行を防ぐ為の相談窓口です!

 

 

早期の病院受診を拒んでいる家族や親に対して、

「どうしたらいいですか??」

 

 

と相談しても良いのです!

 

厚生労働省の説明は以下の通りです。

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられる ために、認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を配置し、早期診断・ 早期対応に向けた支援体制を構築することを目的とする。

 

%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e5%88%9d%e6%9c%9f%e9%9b%86%e4%b8%ad%e6%94%af%e6%8f%b4%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0

出典:厚生労働省

 

認知症初期集中支援チームはどこにあるの?

  • 地域包括支援センター
  • 市役所や町役場
  • 一部の医院や病院(認知症対応)
  • 認知症疾患医療センター

 

どこにあるのか解らない方は、

お近くの地域包括支援センターにまずは相談してみて下さい!

 

何かしらのアドバイスを必ずしてくれるはずです!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

在宅介護や介護の仕事でお悩みの方は【イイね!=Like Page】を押して最新情報をご覧ください!

 

 


コメントを残す