「うちの親ボケてきちゃった?!」認知症初期症状とただのもの忘れとの決定的な違いと痴呆症初期サインとは?

 

スポンサーリンク

こんにちは!

介護福祉士の長治(ちょうじ)です。

 

「うちのおばあちゃん、おじいちゃん、最近、なんか様子が変なんです・・・」

 

「最近、急にもの忘れが増えたんです・・・」

 

「おばあちゃん・・・さっき話したこと、忘れちゃったの??」

認知症家族②

photo by : Mario Pleitez

今まで、普通に元気だった、

おじいちゃん、おばあちゃん・・・

 

もしかして、「認知症かも!!?」

「とうとうボケてしまったか・・・」

 

認知症初期症状のサイン?

 

本人も、家族も、

本当に心配ですよね??

 

もしそうだとしたなら・・・

認知症、痴呆症を早期発見して、少しでも進行を遅らせるには、早めのご家族の判断が必要です!!

認知症と痴呆症(ボケ老人)の違いについてはこちらを参考にして下さい!

↓    ↓    ↓

参考:認知症と痴呆症の違いと意味は?ボケ老人と呼ぶのは逆効果?

 

 

「母親(おばあちゃん)、父親(おじいちゃん)が、最近もの忘れが多くなってきて、すっごく不安なんです・・・」

 

 

「心配ですよね!」

 

ただの加齢によるもの・・・?

そうなら安心なんだけど。

 

「・・・・・」

 

「認知症」の3文字が頭をよぎりますよね・・・

 

 

加齢や老化による、「ただの物忘れ」だけかもしれないけど・・・

 

「心配・・・」

 

そんな時!

具体的にどのような症状が、認知症の危険があるのかを調べてみました。

 

<老化・加齢による物忘れ症状の特徴は?>

※大前提として、「うっかり忘れてしまっている」ということなら安心。

 

◆具体的例には・・・

 

  • 家の鍵をどこに置いたのか?
    鍵をどこかに置着忘れたことは覚えている

  • ガスの火を消し忘れた
    ガスの火を消そうと思っていた事自体は覚えている

  • 人との約束をすっぽかした
    時間をうっかり忘れ、その人との約束自体は覚えている

こんな感じで、

自分が何かを忘れてしまった事自体を、解っているなら大丈夫です!

 

歳をとっていくと、

記憶力や判断力などが低下していくことは自然な老化現象です。

 

介護-命

photo by : gatag.net

 

<認知症のサインかも?危険な物忘れとは?>

 

ですが反対に、

◆認知症と考えられる具体例は・・・

 

  • 食事をしたこと自体を忘れてしまっている
    食後の「ご飯食べてないよ!」は要注意

  • 人との約束自体を忘れてしまっている
    「そんな約束してないよ!」と怒りっぽく話すと認知症の可能性高い

  • 先程の話の内容ではなく、会話をしたこと自体を忘れてしまっている
    「あんたとなんか話してないよ・・」などは危険信号

 

このようにただの物忘れではなく、

その出来事自体を忘れてしまっていると、

 

認知症の可能性が高いです・・・

 

早く受診したほうが良いです!

 

認知症のサイン!と疑われる具体的な初期症状の例は?

 

スポンサーリンク

 

 

認知症の初期症状といっても、

その人その人によってそれぞれ症状が違ったり、

 

アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症等の各病気によっても初期症状は異なります。

 

ですが、

ここでは、一般的に「認知症かも?」と考えられる、

認知症初期症状をまとめたので参考にしてみて下さい。

 

<認知症初期症状具体例~まとめ>

 

  • 電話で話した後、何の内容を話したのかを説明できない

  • 自分の生年月日が言えない時がある

  • 飼っている犬や猫の名前を言えないときがある

  • 妻や主人(大切な家族)の命日を言えない時がある

  • ご飯を作らなくなった

  • 今日が何日か解らない

  • 今どこにいるのかが解らない

  • 好きだった趣味をやらなくなった

  • 近所付き合いをしなくなった

  • 家族に怒りっぽくなった

  • 表情が険しい時が増えた

  • 好きだった俳優や歌手に興味を示さなくなる

  • 孫の名前が覚えられなくなる

  • 長年使ってきた自宅の電話番号が解らなくなる

  • 暗くなったり、感情的になる事が交互に多くなった

  • お嫁さんや、お婿さんの名前を言えなくなった

  • 同じ質問を短時間のうちにしてくる

  • 新しいことが覚えられない

  • 「なんか頭が少し変なのよ・・・」等の訴えがある

  • 会話のつじつまが何となく、合わなくなっている

    などなど・・・

物盗られ妄想

この様にいろいろとありますが、

常に上記のような症状が出るわけではなく、今まで通りの様子の時もあります。

 

徐々に増えてくることが初期症状の特徴です。

この様な症状が見られたときは、

 

「すぐにお医者さんに行って受診した方がいいです!!」

 

認知症初期症状「もの盗られ妄想」

初期に多いこの症状・・・相手を冷静にさせる秘訣とは?

↓   ↓   ↓

参考:認知症の初期症状のサインは被害妄想?おばあちゃんが「盗まれた!」と言う理由は?

 

「認知症かも?」と不安を感じたら、どの診療科に受診したらいいの?

 

認知症の診断は医師がしますが、

どの診療科に受診したらよいのか迷いますよね?

 

認知症専門医のお医者さんがいる、

日本認知症学会「認知症専門医」 各都道府県案内

を受診することを一番にお勧めしますが、

 

近くに認知症専門医がいない場合は、

下記の診療科に受診することをお勧めします。

 

  • 「もの忘れ外来」

  • 「老年科」

  • 「精神科

  • 「神経内科」

  • 「脳神経外科」

本人は「なぜ病院へ行くのか?」と不安な気持ちになると思います。

 

家族であるあなたは、

絶対に不安を煽らず、安心感を与えるように声掛けをしてあげてください!!

%e6%ba%80%e9%9d%a2%e7%ac%91%e9%a1%94%e5%a5%b3%e6%80%a7

photo by : Miss Wetzel’s Art Class

ただでさえ、

本人はいろんなことが解らなくなっていて、ものすごく不安なのですから・・・

 

※「認知症の人の心の中、気持ち」が少しでも解るかもしれません。

↓    ↓    ↓

認知症患者の人の気持ち!を知ることが出来る疑似体験!なぜ暴言・暴力を振るうのか?

 

あのイーハトーヴォのすきとおった風

 

認知症は、2016年現在、

残念ながら進行を遅らせる効果しか治療法がありません。

 

ですが、

その人が「その人らしく」生活していれば、進行を遅らせることもできるそうです。

 

その人らしく・・・

 

認知症の進行を遅らせる為には!

アリセプト等の薬だけではなく、一番大切なことがあります!

↓      ↓      ↓

参考:老後の健康寿命を伸ばす方法とは?認知症や老化、病気を防ぐ為に何よりも一番大切な事は?

 

もちろん!

運動や体操、栄養バランスのある食事も大切です!

↓     ↓     ↓

参考:認知症発症予防!ボケ防止に良い食事は?「脳」に絶対効果がある!厳選超絶食品ベスト10品目!

 

 

認知症の進行を遅らせ、「その人らしく」残された人生を生きていく為には、

 

家族の協力が必要不可欠です!

高齢者笑顔

photo by : janetevelyn

否定や責めなどせず、

  • 「そうなの!!?」
  • 「そうなんだ~(笑)」など

 

一緒に共感してあげることが、

初期の認知症患者の方に対して、家族ができる一番の事だと断言できます!!

 

具体的には、このような声掛け方法があります!

↓        ↓       ↓

認知症介護での良い対応法とは?症状別の上手な接し方と具体的な声掛け!各事例まとめ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

在宅介護や介護の仕事でお悩みの方は【イイね!=Like Page】を押して最新情報をご覧ください!

 


コメントを残す